商売と経営の違い|経営革新計画

経営と商売の違い

商売と経営は違います。
商売は、売上を上げて、生きる糧を手に入れるものであり、マーケティング、セールスなどを言います。

経営とは、人・もの・金・情報を会社発展のために運用していくことです。
その中で血液となるのが、金。そう、資金です。

血液をうまく流すことが、経営にはとても大切で、資金が無ければ、「人」も「もの」も「情報」もうまく活用できないばかりか、なくなってしまうのです。

だから、資金調達は、とても大切なのです。

一言で資金調達と言っても、経営状況により借り方が違います。

  1. 【短期借入金】 
  2. 【長期借入金】

短期借入金は、建設会社など売上金が入ってくるまでに手形などにより3か月〜半年かかったりする場合など、短期で借入を行い、資金を回したりするものです。主に運転資金(人件費や経費などの支払)が多いです。

長期借入金は、設備資金として建物、機械など購入して長期に渡り返済していくものと運転資金(5年程度)で借りる場合があります。

その借入を行う理由にも違いがあります。

  1. 【新規投資目的】 未来投資
  2. 【穴埋め資金】

事業拡大のために新しい建物や機械など購入したり、新事業を行うための設備、運転資金の確保のために【新規投資目的】借入すること。

次の【穴埋め資金】の借入なのですが、当然資金繰りが回らずに目先の穴埋めで借りる方がほとんどです。
 昨日まで眠れない日々を過ごし、やっとのことで借入が出来たとしても、数ヵ月後にはまた同じ悩みに襲われるという人も大変多いのが現状です。

根本的な問題を見直さなければ、同じ問題が永遠にめぐってくることは、頭の中ではわかっているのだけれど、何から手をつけなければならないのかがわからない方がたくさんいるのです。

銀行は、預金をしてもらうことも大切な仕事なのですが、銀行が一番儲かる仕事は、「お金を貸して、元本回収と利息を頂いて利益を上げること」なのです。

【穴埋め資金】は、お金を生まないけど、【新規投資】は、お金を生む可能性をもっていることはわかると思います。

あなたが銀行だったら、穴埋めに使われることを知って、お金を貸しますか?

可能性を秘めた、未来投資に関しては、貸すことが出来るでしょう。

ただし、そこには条件があると思います。
  • どのようにしてこれから儲けていくのか?というサクセスストーリー
  • 成功のために具体的に何をどんな行動をしていくのか?
  • その営業活動によりどんな売上状況となるのか?
  • 数々のリスクを同乗り越えていくのか?
  • 投資金額を支払える資金繰りが行えるのか?
  • その投資によりどれだけ利益が残っていくのか? など

その条件を示す必要が生じます。

その条件を一言で言うと 「経営計画」となります。

そこに新事業活動を行うことにより経営の安定化を図ることを「経営革新計画」というのです。

当然、「既存の事業の立て直し+新事業」という形になります。
その「経営革新計画」を作ることを 国が推進しているのです。

経営革新計画とは?

漫画で学ぶ経営革新計画


ケイオフィスオリジナル漫画で経営革新計画を学ぼう!

経営革新計画について漫画でわかりやすく説明してあります。


マンガ「全てはあなたの中に眠っている 〜経営革新への道〜」

※漫画はPDFファイルになっております。PDFファイルの閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要となります。


※漫画の無断転写・無断配布は禁止します
<% entrylistList %>