コピーライティングテクニックを無料で身につける!?

コピーライティングテクニックを無料で身につける!?

先日、障害者の方へコピーライティングのセミナーを行いました。

 

わずか2回のセミナーで、飛躍的に文章力が上がりました。
あと少しで誰もが商品を買いたくなるような文章力が付くことと思います。

 

30日間 真剣に頑張れば、多分、プロのコピーライターとして食べていけるのではないかと思います。

 

今後、世界のどこにいてもペンと紙があれば、お金を手に入れることが出来ると思います。

 

コピーライティングとは、簡単に言えば、商品を売るための文章を書くことです。

 

だから、商品の売れる文章が良いコピーで、商品が売れない文章は悪いコピーと言うことが出来ると思います。

 

コピーといえば、キャッチコピーを思い浮かべる人も多いと思います。

 

キャッチコピーは、ヘッドラインであり、次の文章を読ませるためのもので、人を引き込むための要素を持っています。

 

しかし、引き込むどころか、「意味がわからん」「目を背けたくなる」ようなキャッチコピーが溢れているため、見本となるものがとても少ないので、新たに勉強したい人が勉強しにくい現実があります。

 

1番わかりやすいところで言えば、本屋に並んである本を見ると、表紙に帯が付いています。そこに書かれている文章で、売上が大きく変わるといわれています。

 

その帯の文章は、まさしくコピーライティングの仕事の一つです。

 

そこで、皆様にコピーライティングを勉強して欲しいということではなくて、本屋に言ったときに、ベストセラーの帯に書かれた文章を注意深く見て欲しいのです。

 

どのように、興味を引いているのかを見てみるだけでも勉強になると思います。

 

今後のチラシ作りやポップづくりの参考になると思います。

<% entrylistList %>